九州の各県からマラソン大会を探す

HOME > 上野さんのBlog フルマラソン完走のためのトレーニング・食事情報 > 【第4話】 エイド完食 VS わき腹の痛み


【第4話】 エイド完食 VS わき腹の痛み

投稿日:

こんにちは。
だんだんと暖かくなってきましたね(^^)


第一回の鹿児島マラソンまで残り一ヶ月をきりましたね!


現在指導させてもらっております
自称おんせん県マンの安達さんが、


★サブ4.5
★エイド完食
★ハイタッチ300人


を目標にしていらっしゃるので


通常4時間半で走るなら
1キロ約6分24秒(分速156m)以上のペースで走り
最後に若干のラストスパートができれば達成可能です。




ちなみに、目標タイムが


4時間の人は
→キロ5分42秒(分速175m)


3時間半の人は
→キロ5分(分速200m)


3時間の人は
→キロ4分15秒(分速235m)


2時間半の人は
→キロ3分34秒(分速280m)


のペースになります。




通常通り走るなら、
普段からこの速さでのペース走を維持できるようになれば
達成できる可能性は高いのですが


今回はエイド完食とハイタッチ300人いう目標により、
かなりのタイムロスとスピードダウンが予想されます。。。(苦笑)


第一回の大会ということで、どのくらいエイドがあるのか、
楽しみな反面、指導者としては不安でもあります(^^;)


運動中のわき腹の痛み(Side stitch)が起こる可能性があるからです。


わき腹の痛みの原因は様々ですが
その中に胃の牽引痛や脾臓の収縮というのが挙げられます。


そもそもランニング中は筋肉に酸素や栄養を送るために
血液が集中して流れます。
そんな中、食べ物を食べて消化器官を働かすためにも血液を送るとなると、
身体に負担がかかることは想像がつきますよね。


ですので、通常、マラソンでタイムを狙う時はエイドを食べ過ぎないように注意し
消化吸収の良い糖質(マルトデキストリン)とアミノ酸(BCAA)などが含まれている
飲み物やゼリーの摂取が最近の主流です。


そこで逆に全部エイド食べちゃうわけですから、ある意味安達さんは革命児です。
しかしながら、マラソンはタイムを競うだけでなく
『楽しむ』ということが根底にありますので、
その点ではエイドは欠かせない楽しみの要素ですよね!(*^^*)


楽しむためにも、普段の練習でをしっかり重ねて
通常のペーススピードが上がればいいわけです(^^)


スピードダウンも考えて、
1キロ約6分程度のスピードも維持するペースで走ってもらえるようになってもらいます。
初心者のフルマラソン2回目にしてはなかなか大変ですが、
達成してもらえるようにビシビシ指導したいと思います!


上野

«  | ママランナーちかの『今日もRUN日和✿』 |  »

九州各県のマラソン大会を突撃リポート!!

九州旅ネット 九州観光情報サイト

観光庁 スポーツツーリズム

第10回ひとよし春風マラソン

JTBスポーツステーション

いぶすき菜の花マラソン公式ウェブサイト

俵千香のマラソン日記

ランナーのためのランニング障害 SOS


ページの先頭へ