第13回 吉野ケ里歴史公園リレーマラソン

HOME > 九州のマラソン大会レポートを見る >第13回 吉野ケ里歴史公園リレーマラソン | 吉野ケ里歴史公園リレーマラソン


  • 吉野ヶ里歴史公園リレーマラソン
  • 出場チームインタビュー!!!
  • みんなでゴール!

第13回吉野ヶ里歴史公園リレーマラソン!!

2013年12月8日(日)AM8:00 雲ひとつない青空の下、取材班は「やっぱり俺達は晴れ男だ!」と確信しつつ(笑)、
第13回吉野ケ里歴史公園リレーマラソン大会に取材へ行きました!選手の入園は当日9:00~。開門と同時になんと場所トリ合戦が始まった!
「はたして何事か?」いつものマラソン大会とは
違う光景に取材班もビックリ!!


でも始まってみると何の為のテントかが判明。テントはチームのベースキャンプとなりました。
流石はリレーマラソン大会の参加者の皆さん、素晴らしいチームワーク

さながら、ベースキャンプのよう・・・(笑)

皆さんでラジオ体操。イチ、ニー、サン、シー・・

吉野ケ里歴史公園リレーマラソン大会は、左の写真の
ようにエントリーチームのゼッケンナンバー毎に
タスキを渡すエリアが設けられています。
テントを拠点として、選手の交代や声援をおくりやすい
ように皆さん場所取りに拘りを持っていたんですね。

選手宣誓!皆さんがんばりましょう!!


スタートの合図は、「ドラ」です(笑)

AM11:00 一斉にスタート!!!

吉野ケ里歴史公園リレーマラソン大会は1人最低1周(2km)以上走り、1チーム4名〜10名で参加出来ます。他のマラソン大会よりもペースは早く、制限時間も4時間以内で設定されています。フルマラソンの距離を、上位入賞のチームでは2時間台で完走します。でも4時間ギリギリで走るチームも多数有り、時間内完走を目標にチーム一丸で頑張っていました。

吉野ケ里歴史公園内は高低差もほとんどなくコースも整備されているので、負担なく走ることが出来ます。
当日は好天に恵まれた事もあり、吉野ヶ里遺跡や背振山など素晴らしい景色を楽しむ事も出来ました。

  • 吉野ヶ里歴史公園リレーマラソン
  • 出場チームインタビュー!!!
  • みんなでゴール!

ページの先頭へ