>筑後川マラソン2012

HOME > 九州のマラソン大会レポートを見る > >筑後川マラソン2012 | ゴール後のお楽しみ!


 B級グルメの聖地久留米を走る!走る!

 九州一の大河。筑後川がランナーたちの道しるべ。

 いよいよ大会スタート風は爽やか!熱気は上昇中!

 ゴールのあとも、お楽しみがたくさん!

出場者インタビュー


ゴールのあとも、
お楽しみがたくさん!

筑後川


おにぎり 写真

ゴール後の最大の楽しみがコレ!久留米の地元ボランティアのお母さん手作りの「具だくさん豚汁と」、久留米産「れんげ米」の新米おにぎり。さらに協賛企業からのカップラーメンの提供もありました。これはランナーのみならずと応援者にも振る舞われ、地元のおもてなしの気持ちの大きさを感じました。

ゴール後の最大の楽しみがコレ!久留米の地元ボランティアのお母さん手作りの「具だくさん豚汁と」、久留米産「れんげ米」の新米おにぎり。さらに協賛企業からのカップラーメンの提供もありました。これはランナーのみならずと応援者にも振る舞われ、地元のおもてなしの気持ちの大きさを感じました。


写真

写真

写真


写真

豚汁作りを買って出てくれたのは
地元ボランティアのお母さん方。大活躍です!


フルーツの一大産地でもある久留米市及び周辺地域から
柿や梨、ブドウ、ピーナッツの販売、地元代表グルメの焼き鳥も登場。
秋の大会ならではの魅力がいっぱい!
ランナーたちの心とおなかを満たします。

フルーツの一大産地でもある久留米市及び周辺地域から
柿や梨、ブドウ、ピーナッツの販売、地元代表グルメの焼き鳥も登場。
秋の大会ならではの魅力がいっぱい!
ランナーたちの心とおなかを満たします。


写真

写真

写真

写真


まだまだこれから!
走った後も、楽しみは続く!

筑後川


マラソンで爽快な汗を流した後は、B級グルメを満喫するもよし、久留米の歴史と文化を堪能するもよし、楽しみはまだ続きます。
世界を代表するタイヤメーカーのブリヂストンはここ久留米が発祥の地。
ブリヂストン創設者の石橋正二郎氏が寄贈した石橋美術館には地元画家の青木繁や坂本繁二郎の名画が多数展示されているほか、同じ敷地内で坂本繁二郎のアトリエも見ることができます。また、素朴な風合いの久留米絣は、和服だけでなく最近では洋服や小物など多彩にアレンジされており、お土産物としてもぴったりです。
博多駅から新幹線で20分であることや、車でも会場内に大型駐車場があるなど、参加しやすい環境も魅力の一つ。
初心者も上級者も気軽に楽しめる大会は、これからもますます人気が高まりそうです。

写真


写真

写真

まだまだこれから!
走った後も、楽しみは続く!


 B級グルメの聖地久留米を走る!走る!

 九州一の大河。筑後川がランナーたちの道しるべ。

 いよいよ大会スタート風は爽やか!熱気は上昇中!

 ゴールのあとも、お楽しみがたくさん!

出場者インタビュー


ページの先頭へ