第26回青島太平洋マラソン

HOME > 九州のマラソン大会レポートを見る > >第26回青島太平洋マラソン | 大声援と多様な景色が彩る南国の大会


大声援と多様な景色が彩る南国の大会

青島の大海原を駆ける。コースのハイライト

出場者インタビュー


大声援と多様な景色が
彩る南国の大会

大声援と多様な景色が
彩る南国の大会

2012年12月3日。静かな朝焼けで幕を開けた「第26回青島太平洋マラソン」。
AM7時、気温4℃。スタジアム周辺は既にウォーミングアップを行う参加ランナーたちで熱気に包まれています。

2012年12月3日。静かな朝焼けで幕を開けた「第26回青島太平洋マラソン」。
AM7時、気温4℃。スタジアム周辺は既にウォーミングアップを行う参加ランナーたちで熱気に包まれています。


河野宮崎県知事からランナーと
大会スタッフ・ボランティアへの激励です。

張り詰める緊張感の中、
スタートの号砲を待つ選手たち。


今や九州を代表する「青島太平洋マラソン大会」。大声援と、多彩な景色が魅力の大会をレポートします!

宮崎の中心街を
走り抜ける爽快感。

今や観光名所となった宮崎県庁前もコースの一部です。

宮崎のメインストリート橘通り。
大声援に包まれる市街地を疾走!


地元宮崎の人々が走る力をくれます!!

地元ボランティアの協力が大きな力となって大会を盛り上げます。
寒い中ランナーの為に黙々と準備を続けます。

地元ボランティアの協力が大きな力となって大会を盛り上げます。
寒い中ランナーの為に黙々と準備を続けます。


沿道に轟く、ランナーへの大声援

コース沿道からは地元の大声援がランナーの背中を押します。
みんな力いっぱい声を張り上げ、旗を振り、ランナーを応援。
特に県庁前付近の中心市街地では声援の大音量が轟くほどです。
給水所では、日向夏みかんと地元高校生の笑顔が待っています!

コース沿道からは地元の大声援がランナーの背中を押します。
みんな力いっぱい声を張り上げ、旗を振り、ランナーを応援。
特に県庁前付近の中心市街地では声援の大音量が轟くほどです。
給水所では、日向夏みかんと地元高校生の笑顔が待っています!


大声援と多様な景色が彩る南国の大会

青島の大海原を駆ける。コースのハイライト

出場者インタビュー


ページの先頭へ